人気ブログランキング |

このブログは、『京都やましろ保養の家』を守り育てる会のブログです!


by yamashiro-hoyou

ごあいさつ

 みなさまにご協力いただいた「開設資金カンパ」は80万円を超え、保養の家の整備・清掃を行い、7月1日から利用受付を開始しました。避難経験のある栃木県在住の方が、家族4人で夏休みに1週間利用され、9月に入ってからは、福島県在住の方が2週間利用されました。現在は首都圏在住の親子が長期利用中です。「京都やましろ保養の家」は、順調な滑り出しとなっています。

 みなさまからのカンパや助成金のおかげで、保養利用者への交通費補助(大人4万円、子ども2万円を上限に実費補助)も始めました。交通費の補助は、「とても助かります」とのお声をいただいています。本当にありがとうございました。

このたび、「京都やましろ保養の家」(やましろの家)を守り育てる会のウェブサイトを開設(うつくしま☆ふくしまin京都のウェブサイトから独立)しましたので、皆様にお知らせします。
 
 山城の家の概要、利用の手引き、アクセスマップ、育てる会通信(仮称)、イベント案内などを掲載しております。ぜひ、一度お立ち寄りください。
 
 
 保養の家の取り組みは、長期にわたるものとなります。みなさまからの引き続きのご支援を、よろしくお願いします。

# by yamashiro-hoyou | 2019-12-31 00:00 | ごあいさつ | Comments(0)
a0388287_22582941.png
a0388287_22583448.png

原発事故被害者のための「京都やましろ保養の家」にご支援いただいているみなさまへ

「京都やましろ保養の家」を守り育てる会の奥森と申します。


●保養の家のウェブサイトを開設しましたので、お知らせします。
 
 ぜひ、お立ち寄りください。


 さて、皆様のカンパで今年の夏休みからスタートした保養の家は、現在3組目が長期利用中です。
本当にありがとうございました。

守り育てる会では、以下のとおり、「お掃除イベントと大交流会」を開催したします。
ぜひ、見学がてら、交流会にご参加ください。
大掃除に参加してくれるともっとうれしいです。

よろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

京都やましろ保養の家 お掃除イベント&大交流会

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 みなさまにご協力いただいた「開設資金カンパ」は80万円を超え、京都やましろ保養の家は、7月1日から利用受付を開始しました。

 8月には京都市内に避難経験のある栃木県在住の方が、家族四人で1週間利用されました。9月に入ってからは、福島県市在住の方が2週間利用しました。さらに、首都圏にお住まいの方が現在、長期利用中です。どれだけの利用が見込まれるか心配していましたが、順調な滑り出しとなっています。

 みなさまからのカンパや民間団体の助成金のおかげで、保養利用者への交通費補助(大人4万円、子ども2万円を上限に実費補助)も開始しています。交通費補助は、「とても助かります」とのお声をいただいております。本当にありがとうございました。

 やましろの家では、下記のとおり、秋の「お掃除イベント&大交流会」を開催します。部分参加も大歓迎ですので、ぜひ、やましろの家に足をお運びください!


●日時:10月27日(日)10:15~15:00

●場所:京都やましろ保養の家

    (京都府相楽郡精華町東畑前坂16) 

     駐車スペースがありませんので、電車とくるりんバスでおこしください!

●参加費:お掃除イベントから参加される方は無料。

     交流会からの参加は500円お願いします。(+飲み代)

●プログラム(予定)

 (第1部)10:15~12:00 開設3ヶ月!お掃除イベント
      *秋の大掃除を行います!見学もできます。

 (第2部)12:30~15:00 秋の大交流会
 
      *軽食を取りながらの交流会です。
      *今後の取り組みに向けた意見交換も行います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
京都やましろ保養の家」を守り育てる会

 ●育てる会事務所所在地

 〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1

 コーポ桃山105号 市民測定所気付

 09090-3627-2925(神田)・090-8232-1664(奥森)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


# by yamashiro-hoyou | 2019-10-27 00:00 | イベント案内 | Comments(0)

●やましろの家を利用して

 スタッフのみなさま、大変お世話になりました。 

 私は福島県いわき市住んでおります。いわき市は原発から非常に近い場所ですが、原発避難者が避難に来た場所であるため安全となっている場所です。

 被災者を受け入れるため民間も官もわらわらと新しいアパートや立派な団地を作り少しのバブルに沸いた土地です。

 原発の補償が受けられたもの受けられなかったもの恩恵を受けたもの、ただ被曝したものと混沌としていて妬みやひがみで分断したりと落ち着きがありませんでしたが事故後8年がたち原発事故など無かったように穏やかに暮らしています。

 もうその話題を口にするのもはばかれるほどです。

 食べ物も「いまだに気にしてるの?」なんて言われると 私もだんだんもう年だしいっかとなってしまっています。(うちの山でとれた筍の煮物どうぞと出されたらお断りするのはなかなか・・・)


子供が独立して家におらず、夫婦二人の食事ですので今までよりはだいぶ買い物の時間もかからないのですが(産地や製造工場を調べながらでした)やっぱり福島産は避けてしまいます。


家の庭でとれる大葉やニラ、ミョウガ、ブルーベリーなどは毎年捨てています。

 いわき市で住み続ける限り仕方がないなと思います。


ですから距離的に遠い今回のこの保養に来ることができて大変のんびり過ごすことができました。

産地を気にしての買い物も気にしなくてもよいし、観光も保養の家は京都ですが奈良のほうが近いので奈良公園、東大寺と回ってきました。京都ほど観光客がいないのでじっくりみてまわれましたよ。


また、今回の保養で夕立が何度かありましたが、雨に濡れても放射性物質を気にしなくてもよいので本当に気が楽でした。


近くのスーパーや郵便局も電動自転車で10分くらいでした(車があまり通りませんので久しぶりの自転車も大丈夫でした)のでバスがなくても何とかなりました。


保養の家は安全な場所なのでリラックスしてリフレッシュできました。

今回このように保養できるのは、実現に向けて奔走してくださった方々、その思いに協力してくださった大勢の方々のおかげです。係わった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


利用して思ったのは、多くの人にこの素晴らしい試みを知ってもらいたい、利用してもらいたいということです。私も地元で宣伝をします。


私の保養中も大阪市がトリチウム水の大阪湾放出に協力したいと言ったりしています。

原発事故は現在進行形で毎日毎日日々汚染が積み重なっています。

 まだまだ保養は必要だと思います。


通年を通して利用できるこの保養の家のような施設はなかなかなく、保養が必要な私たちには大変ありがたいです。

どうかこの試みが長く続いていきますようにと願っております。来年も再来年もまた利用したいです。           

                                                                福島県 T

 

a0388287_09251037.jpeg
やましろの家スタッフとの交流会(9月13日)の様子


 ご支援いただく皆さまのおかげで、8月1家族に1週間保養していただくことができました。9月には、いわき市から2週間保養していただくTさんを雷豪雨の中、駅までお迎えしたところです。(保養の家は少し?不便ですので。)


 スタッフとの交流も希望していただきましたので、夕食交流会を行いました。

 (アルコールもいただき、ほぼ割り勘?で楽しいひと時の本音交流です)


 Tさんは、沖縄へ避難の後、北海道に再避難され、いわき市に戻られたとのことです。

 沖縄の後、知人のいる京都への避難も希望されたようですが、京都では2回目の避難は扱っていなかったようです。


 やましろの家スタッフのお子さんが「福島」について調査されているとのことで同席され、保養者や支援者にも色々と質問され、いっそう有意義なひと時となりました。

 交流会参加のスタッフ(大人5名)も、素直なお子さんの質問に応え、避難者支援へのかかわりのきっかけ等について語りました。


 「チェルノブイリ原発事故以前から原発の不当性を訴えている」とか、「阪神淡路大震災で初めてボランティアの意義を実感した」とか、ボランティアで支援しているスタッフ同士の良い交流にもなりました。


 保養スタッフにとって、保養者との交流は明日への活力にもなるものです。

 みなさま、引き続きご支援をよろしくお願いします。





# by yamashiro-hoyou | 2019-10-02 09:32 | 保養利用者の感想 | Comments(0)
●京都やましろ保養の家を利用して

 保養の家を利用することが出来たので、のんびり色々な事を気にせず過ごすことができ、とても良かったです。

 少し足を伸ばせば生活に必要なものも揃う環境にあり、宿泊する場所は少し離れて静かな場所だったのでゆっくりと過ごすことができました。

 みなさまの協力があって、このような形で宿泊させていただけたことを本当に感謝しています。
 離れた土地でも気にしてくださる方たちがいて、支援してくださっていることもとても励みになり嬉しく思います。

 保養の家滞在中ですが、基本的にはのんびりと過ごそうと思っていたので予定は詰め込まず、ゆっくりと過ごさせていただいていました。父親と長男は、釣りをしたり、近くの公園でサッカーをしたりのんびりと過ごしていたようです! 大阪まで足を伸ばして、万博公園まで遊びに行きました!
 釣りは、台風の影響もあったので、日本海ではなく和歌山の方に行ったと言っていました! 地元では釣りはなかなか躊躇してしまうところもあるので、久々にのんびりとできて楽しかったと長男も言っていました。

 サッカーも暑かったようですが、当たり前の事をいろんなことを気にせずできたということが親にとっても気持ちもリセットできてとてもよい滞在でした。

 なかなか地元では話せなくて苦しいことも忘れて、とてもいい時間を過ごすことができました。 本当にありがとうございました。
                             (栃木県・H)


# by yamashiro-hoyou | 2019-08-31 00:00 | 保養利用者の感想 | Comments(0)
<拡散希望・重複ご容赦>
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「京都やましろ保養の家」をつくろう メールニュース NO5

                    2019年6月26日発行

 ウェブサイト http://fukushimakyoto.namaste.jp/hoyou_no_ie.html

 ブログ https://utukushima.exblog.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●6・29京都やましろ保養の家見学会&開設記念のつどいにご参加ください。

 *今のところ、参加申し込みが余りありません。遠方ですが、保養の家を見て欲しいので、ぜひ、参加してく
  ださい。

 【日時】 6月29日(土)13:15~15:45
      
 【場所】 京都やましろ保養の家(開設記念のつどい案内チラシ参照)
          
 【プログラム】

  (第1部)京都やましろ保養の家 見学会
   13:15~14:00 *各自でご自由にご見学ください!

 (第2部)京都やましろ保養の家を守り育てる会設立総会

   14:00 開会・議長選出
       総会議案の提案・討議・採決
   14:30 休憩(15分)
   14:45 映像上映「チェルノブイリ 28年目の子どもたち~低線量 長期被曝の現場から」
       (OurplanetTV・43分)
   15:30 感想・意見交換・アピールなど
15:45 終了予定

●開設資金カンパの進捗状況

 第1次目標40万円を大きく突破。第2次目標80万円に大きく近づく!

 6/25現在 75団体・個人から、724、000円 (第2次目標 達成率90.5%)
 *集計ミスがありました。こちらの数字が正確です。すみません。

保養利用者(年間20人を想定)への交通費補助(大人2万円、こども1万円)の予算の確保にむけて、引き続
きご支援をお願いします。

●開設にむけた準備状況

 6/26  地元のシルバー人材センターの方に、2度目の清掃に貼っていただきました。ずいぶんときれい
       になりました。

●6・24ミーティング(第4回開設準備会)報告

 ・参加者に5名。新たに地元精華町在住が参加されました。

 ・京都やましろ保養の家を守り育てる会の設立総会で提案する、経過報告・会則・活動方針・予算・役員体制
  を討議し決定しました。

 ・保養の家の利用案内文、利用申込書、利用者に提出していただく誓約書について検討しました。

 ・利用申し込みの開始は、7月1日、ウェブサイトやメールで案内を行う。受付は申し込み書をfaxかメールで。
  利用開始の10日前までに申し込んでもらう。

 ・次回のミーテイングでは、利用の手引き、利用開始時のオリエンテーションの持ち方、サポート側のコー
  ディネートの方法など、受け入れに当たっての実務関係について討議していきます。

●次回ミーティング(第5回開設準備会) 保養の家に関心のある方は、ぜひご参加ください!

 【日時】 7月8日(月)午後7時~

 【場所】 京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室) 

 【議題】 1)申し込みの状況確認  2)保養の受け入れにあたっての準備関係
      3)今後のすすめ方 4)その他



# by yamashiro-hoyou | 2019-06-26 00:00 | メールニュース | Comments(0)
関係するみなさまへ

保養の家を準備している奥森です。

保養の家のメールニュースNO4を送信します。

*****

<拡散希望・重複ご容赦>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「京都やましろ保養の家」をつくろう メールニュース NO4

                    2019年6月23日発行

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●開設資金カンパの進捗状況

 第1次目標40万円を大きく突破。第2次目標80万円に大きく近づく!

 6/19現在 73団体・個人から、728、000円 (第2次目標 達成率91%)

 目標額を80万円に引き上げ、「保養利用者の交通費支給のためのカンパ」に引き続き取り組んでいます。後すこしで、保養利用者(年間20人を想定)への交通費補助(大人2万円、こども1万円)の予算が確保できます。引き続きのご支援をお願いします。

●開設にむけた準備状況

 6/12  地元のシルバー人材センターに依頼し、和室、台所、浴室、トイレの清掃を実施。人材センター       の事務局や作業に来ていただいた方にも、保養の家のことをし、共感していただきました。

       浴室を中心に、6/26に再度清掃に入ってもらいます。

 6・17  表替えのすんだ畳が搬入されました。畳のいいにおいがしています。
       (添付の写真参照)
a0224877_13593508.jpg
 ・保養の家で使う消耗品の買い出しも少しずつ行っています。
 ・寝具のレンタル業者と詳細を確認して、夏休み前には納入となります。

●6・24ミーティング(第4回開設準備会)にご参加ください!

 *今回から新たに、地元精華町在住の方も参加されます。保養の家に関心のある方は、ぜひご参加ください!

 【日時】 6月24日(月)午後7時~

 【場所】 京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室) 

 【議題】 1)開設準備状況 2)6・29見学会&開設記念のつどい 3)保養の受け入れについて
      4)今後のすすめ方 5)その他


●6・29京都やましろ保養の家見学会&開設記念のつどいにご参加ください。
a0224877_13295418.jpg
 【日時】 6月29日(土)13:15~15:45
      
 【場所】 京都やましろ保養の家(開設記念のつどい案内チラシ参照)
          
 【プログラム】

  (第1部)京都やましろ保養の家 見学会
   13:15~14:00 *各自でご自由にご見学ください!

 (第2部)「京都やましろ保養の家」守り育てる会 設立総会

   14:00 開会・議長選出
        総会議案の提案・討議・採決
   14:30 休憩(15分)
   14:45 映像上映「チェルノブイリ 28年目の子どもたち~低線量 長期被曝の現場から」
       (OurplanetTV・43分)
   15:30 感想・意見交換・アピールなど
   15:45 終了予定

【経路】東畑バス停から保養の家までの経路は以下のとおり。
a0224877_14004124.png

# by yamashiro-hoyou | 2019-06-23 00:00 | メールニュース | Comments(0)
a0224877_13295418.jpg
a0224877_13295677.jpg

関係するみなさまへ

保養の家を準備している奥森です。

保養の家のメールニュースNO3を送信します。

*****

<拡散希望・重複ご容赦>
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

京都やましろ保養の家をつくろう メールニュース NO3

                    2019年6月11日発行


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●開設資金カンパの進捗状況  *目標額(第1次)は40万円

 6・10現在 61団体・個人から616、999円(達成率154.2%)

 目標額を80万円に引き上げ、「保養利用者の交通費支給のためのカンパ」に引き続き取り組みます。

 皆様のご協力により、「保養の家」開設資金カンパは、当初目標(開設にかかる資金としばらくの間の維持費)
である40万円を大きく突破しました。大変ありがとうございました。

 今後、福島などから保養に参加される方の交通費の半助のための資金(2年間で60万円を想定)を確保する
ために、目標額を80万円五引き上げ、引き続き、カンパをお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

●開設にむけた準備状況

 6/10  離れの入口の戸の修理が完了しました。きれいになりました。
 
 6・12  和室、台所、浴室、トイレの清掃を行います。→ 地元のシルバー人材センターに依頼

 今後の予定 ・食器、台所・浴室・トイレ用品の購入

       ・寝具の整備(レンタル会社と折衝中)

       ・スタッフルーム(事務スペース、消耗品のストック場所など)の整備

●6・10ミーティング報告 (参加者は5名でした。)

 *次のことが決まりました

 【名称】  京都やましろ保養の家

 【運営主体】京都やましろ保養の家を守り育てる会。保養の家の適切な管理と保養利用者へのサポートを目的
       とする。会費制をとり、年会費は1000円。会報(通信)を年2回程度発行する。会員は、空きが
       ある場合は保養の家を利用することができる。
       会の役員体制は、次回のミーティングで確定させる。

 【管理スタッフへの実費弁償】 保養の家の清掃や草刈りなどの管理、保養利用者へのサポート(車での送迎な
                ど)に携わる場合は、時給相当+交通費を実費弁償として支払う。

 【集いの開催】 保養の家現地で見学会&開設記念の集いを行う。
         日時:6月29日(土)13:15~15:45
         13:15~14:00 見学会
         14:00~14:30 開設記念の集い 設立総会&上映会 主催はチラシ参照
          
 【保養申し込みの開始】 7月1日から申し込みを受け付ける。
             利用希望日の10日前までに申し込む。基本は先着順で受け付け

 【利用に関する基本事項】 保養利用者の利用料は無料。
寝具使用料は実費相当を徴収。高熱水費相当のカンパを呼びかける


●次回のミーティングについて

 ■日時  6月24日(月)19:00~

 ■場所  京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室)

 ■予定議題  1 開設準備状況の確認

        2 設立総会への提案事項について(経過報告、活動方針、規約、予算案、役員体制)   
      
        3 開設のつどいの運営、準備について

        4 保養の家の利用規則(利用の手引き)、申込書の確定、告知方法について

        5 その他必要なこと


 *保養の家に関わっていただける方は、ぜひご参加ください!
 


# by yamashiro-hoyou | 2019-06-11 00:00 | メールニュース | Comments(0)
a0224877_10433054.jpg
a0224877_10434981.jpg
a0224877_10435176.jpg
関係するみなさまへ

奥森です
保養の家のメールニュースNO2を送信します。

*****

<拡散希望・重複ご容赦>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

京都府精華町に保養の家をつくろう メールニュース NO2

                       2019年6月1日発行

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●開設資金カンパの進捗状況  *目標額は40万円

 5/31現在 41団体・個人から451,000円 (達成率112.7%)

 皆様のご協力により、「保養の家」開設資金カンパは、当初目標(開設にかかる資金としばらくの間の維持費)である40万円を突破しました。

 家主である神田さんからの大口カンパもありましたが、お名前のわからない方からの大口カンパや多くの方から1口から10口のカンパを振り込んでいただき、早くも目標達成となりました。

 カンパについては、「保養利用者の交通費補助」や保養の家の清掃・管理をお願いする方への謝礼・交通費が支給できるように、カンパの趣旨を追加して、夏休み前まで続けたいと思っております。

 引き続きカンパを呼びかけます。多くの方のご協力をお願いします。

●開設にむけた準備状況

 5/31 ・木津川市にある大倉畳店が畳14畳を引き取りに来ました。表替えした畳は、
       6月12日以降(清掃完了後)に搬入予定です。畳をあげて写真を撮りました
       ので、見てください。
     
      ・離れの裏の階の物干しに落ち葉がたまっていましたので、清掃しました。きれい
       になりました。
 
*今後の作業
      ・和室、台所、浴室、トイレの清掃(シルバー人材センターに依頼)
       → 6月12日から実施。
      ・食器、台所・浴室・トイレ用品の購入
      ・寝具の整備(レンタルを予定)
      ・スタッフルーム(事務作業スペース)の整備

●保養の家の会(仮称)のミーティングの開催

 保養の家の開設にむけて、ミーティングを開きたいと思います。保養の家に関わっていただける方は、ぜひご参加ください。

 ■日時 6月10日(月)午後7時~

 ■場所 京都・市民放射能測定所(丹波橋測定室)

■予定議題は、1)開設準備状況 2)保養の家の会づくり(カンパと支出状況、会則、
       運営体制、スタッフMLの開設) 3)利用規則、申し込み方法など
       4)お披露目会&オープニングセレモニーの開催について 5)健康相談
       会との連携の進め方 6)その他必要なこと  など。
 
  保養の家の管理運営の体制作り、利用期間中のサポート体制なども検討が必要ですし、なによりも多くの方の協力が必要です。保養の家に関わっていただける方を大募集しています。ぜひ、ご連絡ください。

●保養の家 スタートの集い(仮称)

 保養の家の利用開始に先立ち、保養の家の見学会と現地でのスタートの集いを6月下旬か7月上旬に開催します。詳細は上記のミーティングで検討しますので、日程や内容が決まりましたらお知らせします。多くの方にお越しいただければと思います。

********************

<呼びかけ> 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

原発事故被害者のための保養の家を精華町につくろう!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●保養の家開設資金カンパの訴え

 原発事故により放出された放射能の影響を受ける地域に居住している人たちが、一定期間、放射能の影響を受けない地域で生活し、クリーンな空気を吸い、汚染されていない食品を摂取することで、放射能による健康への影響を低減させ健康回復につながることが、チェルノブイリ原発事故後の取り組みによって実証されています。福島原発事故後にも、放射能の影響を軽減させる「保養キャンプ」などが全国各地でとりくまれてきました。

 2013 年から現在まで、福島県などから京都府内に避難しているこどもを対象に、「避難者こども健康相談会」を開催してきたメンバーから、福島県などに住む家族やグループが夏休みなどの期間に利用できる「保養の家を京都南部に作ろう」との声があがり、準備をすすめてきました。幸い、京都府精華町にある空き家の離れを利用できることになり、家具・電気製品についても確保することができました。

 今後、室内のクリーニング、畳の表替え、ふすま・障子 の張り替え、家具什器の購入等などの開設準備を6月までに終え、夏休みには利用できるようにしたいと考えております。

 保養の家の開設と当面の運営のために必要な費用は、現時点で約40万円が見込まれています。原発事故被害者に心を寄せるみなさまに、開設資金へのカンパを訴えます。どうか、保養の家を支える一人になってください。

 一口1,000円(複数口大歓迎)で開設資金カンパを訴えております。
 みなさまのご協力を、心からお願いいたします。

(呼びかけ)
  うつくしま☆ふくしまin 京都奧森祥陽090-8232-1664
  保養の家開設準備会神田高宏090-3627-2925
 
  【連絡先】京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105 号
       京都・市民放射能測定所気付
        e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp (奧森)

●保養の家開設資金カンパの振り込み方法
 保養の家の開設と当面の運営のための資金カンパは、一口1,000円です。
 ご支援いただける場合は、下記の方法によりお振込をお願いします。

 *郵便振替口座の場合
  記号番号  00910-6-332355
  加入者名  うつくしまふくしまin 京都
   通信欄に「保養の家開設資金カンパ●口●,000円」とご記入ください。
   ご依頼人欄におところ、おなまえ、電話番号の記入をお願いします。
 *ゆうちょ銀行口座
  ゆうちょ銀行からからの振込
  記号 13360  番号 8997101  うつくしまふくしまin京都
  ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込
  【店名】四四八(読みヨンヨンハチ)
  【店番】448 【預金種目】普通預金【口座番号】0899710
    ゆうちょ銀行口座に振り込んでいただいた場合は、お名前(カタカナ)しか印字されませんので、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをメールまたはfax でお知らせいただければ幸いです。
    fax0774-21-1798(奧森)・E-mail:rentai@s3.dion.ne.jp

      
      
      


 

# by yamashiro-hoyou | 2019-06-01 00:00 | メールニュース | Comments(0)
a0224877_22041037.jpg
a0224877_22041486.jpg
a0224877_22041856.jpg
<拡散希望・重複ご容赦>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

京都府精華町に保養の家をつくろう メールニュース NO1

                    2019年5月25日発行

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●開設資金カンパの進捗状況  *目標は40万円

 5/24現在 20人から269,000円 達成率67.2%

 まだまだ多くの方のご協力が必要です。よろしくお願いします。

●開設にむけた準備状況

 5/15 ・精華町シルバー人材センターにふすま・障子の張り替え依頼。現場を確認してもらう。
       ふすま8枚、障子10枚搬出。

 5/21 ・張り替えられたふすま・障子が搬入される。スムーズに開閉出来るよう調整してもらう。
・1階母屋との間の通路、離れの入り口の清掃、植木の枝払いを実施。

 5/22 ・畳業者が見積もりに来る。14枚を表替えすることになった。作業日は6月に入ってから。  
      ・上野さん、神田さん、奧森の3名で、離れにおいてあったタンスなどを母屋に移す。
    ・1階の母屋との間の通路(コンクリ部分)で穴の空いている場所を補修。
      ・クーラーの清掃、除菌の実施。

*今後の作業
      ・和室、台所、浴室、トイレの清掃(シルバー人材センターに依頼)→ 6月12日から実施。
      ・食器、台所・浴室・トイレ用品の購入
      ・寝具の整備(レンタルを予定)
      ・スタッフルーム(事務作業スペース)の整備

●保養の家の会の運営体制について

 7月下旬の夏休みから「保養の家」の利用ができるように、利用規則、利用申込書、利用希望者への情報提供
について具体化していきます。保養の家の管理運営の体制作り、利用期間中のサポート体制なども検討が必要で
すし、なによりも多くの方の協力が必要です。

 保養の家に関わっていただける方を大募集しています。ぜひ、ご連絡ください。

●保養の家 スタートの集い(仮称)

 保養の家の利用開始に先立ち、保養の家の見学会と現地でのスタートの集いを6月下旬か7月上旬に開催しま
す。詳細はこれからですが、日程や内容が決まりましたらお知らせします。多くの方にお越しいただければと思
います。


<呼びかけ> 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

原発事故被害者のための保養の家を精華町につくろう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●保養の家開設資金カンパの訴え

 原発事故により放出された放射能の影響を受ける地域に居住している人たちが、一定期間、放射能の影響を受
けない地域で生活し、クリーンな空気を吸い、汚染されていない食品を摂取することで、放射能による健康への
影響を低減させ健康回復につながることが、チェルノブイリ原発事故後の取り組みによって実証されています。
福島原発事故後にも、放射能の影響を軽減させる「保養キャンプ」などが全国各地でとりくまれてきました。

 2013 年から現在まで、福島県などから京都府内に避難しているこどもを対象に、「避難者こども健康相談会」
を開催してきたメンバーから、福島県などに住む家族やグループが夏休みなどの期間に利用できる「保養の家を
京都南部に作ろう」との声があがり、準備をすすめてきました。幸い、京都府精華町にある空き家の離れを利用
できることになり、家具・電気製品についても確保することができました。
 今後、室内のクリーニング、畳の表替え、ふすま・障子 の張り替え、家具什器の購入等などの開設準備を6
月までに終え、夏休みには利用できるようにしたいと考えております。

 保養の家の開設と当面の運営のために必要な費用は、現時点で約40万円が見込まれています。原発事故被害
者に心を寄せるみなさまに、開設資金へのカンパを訴えます。どうか、保養の家を支える一人になってください。
 一口1,000円(複数口大歓迎)で開設資金カンパを訴えております。
 みなさまのご協力を、心からお願いいたします。

(呼びかけ)
  うつくしま☆ふくしまin 京都奧森祥陽090-8232-1664
  保養の家開設準備会神田高宏090-3627-2925
 
  【連絡先】京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105 号
       京都・市民放射能測定所気付
        e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp (奧森)

●保養の家開設資金カンパの振り込み方法
 保養の家の開設と当面の運営のための資金カンパは、一口1,000円です。
 ご支援いただける場合は、下記の方法によりお振込をお願いします。

 *郵便振替口座の場合
  記号番号  00910-6-332355
  加入者名  うつくしまふくしまin 京都
   通信欄に「保養の家開設資金カンパ●口●,000円」とご記入ください。
   ご依頼人欄におところ、おなまえ、電話番号の記入をお願いします。
 *ゆうちょ銀行口座
  ゆうちょ銀行からからの振込
  記号 13360  番号 8997101  うつくしまふくしまin京都
  ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込
  【店名】四四八(読みヨンヨンハチ)
  【店番】448 【預金種目】普通預金【口座番号】0899710
    ゆうちょ銀行口座に振り込んでいただいた場合は、お名前(カタカナ)しか印字されません
   ので、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをメールまたはfax でお知らせいただけれ
   ば幸いです。fax0774-21-1798(奧森)・E-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
      
      
      



# by yamashiro-hoyou | 2019-05-25 00:00 | メールニュース | Comments(0)
a0224877_23492227.png

原発事故被害者のための保養の家を精華町につくろう!

保養の家開設資金カンパの訴え

 原発事故により放出された放射能の影響を受ける地域に居住している人たちが、一定期間、放射能の影響を受けない地域で生活し、クリーンな空気を吸い、汚染されていない食品を摂取することで、放射能による健康への影響を低減させ健康回復につながることが、チェルノブイリ原発事故後の取り組みによって実証されています。福島原発事故後にも、放射能の影響を軽減させる「保養キャンプ」などが全国各地でとりくまれてきました。

 2013 年から現在まで、福島県などから京都府内に避難しているこどもを対象に、「避難者こども健康相談会」を開催してきたメンバーから、福島県などに住む家族やグループが夏休みなどの期間に利用できる「保養の家を京都南部に作ろう」との声があがり、準備をすすめてきました。幸い、京都府精華町にある空き家の離れを利用できることになり、家具・電気製品についても確保することができました。
 今後、室内のクリーニング、畳の表替え、ふすま・障子 の張り替え、家具什器の購入等などの開設準備を6月までに終え、夏休みには利用できるようにしたいと考えております。

 保養の家の開設と当面の運営のために必要な費用は、現時点で約40万円が見込まれています。原発事故被害者に心を寄せるみなさまに、開設資金へのカンパを訴えます。どうか、保養の家を支える一人になってください。一口1,000円(複数口大歓迎)で開設資金カンパを訴えております。
 みなさまのご協力を、心からお願いいたします。

(呼びかけ)
  うつくしま☆ふくしまin 京都奧森祥陽090-8232-1664
  保養の家開設準備会神田高宏090-3627-2925
   【連絡先】京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105 号
        京都・市民放射能測定所気付
        e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp (奧森)

●保養の家開設資金カンパの振り込み方法
 保養の家の開設と当面の運営のための資金カンパは、一口1,000円です。
 ご支援いただける場合は、下記の方法によりお振込をお願いします。

 *郵便振替口座の場合
  記号番号  00910-6-332355
  加入者名  うつくしまふくしまin 京都
   通信欄に「保養の家開設資金カンパ●口●,000円」とご記入ください。
   ご依頼人欄におところ、おなまえ、電話番号の記入をお願いします。
 *ゆうちょ銀行口座
  ゆうちょ銀行からからの振込
  記号 13360  番号 8997101  うつくしまふくしまin京都
  ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込
  【店名】四四八(読みヨンヨンハチ)
  【店番】448 【預金種目】普通預金【口座番号】0899710
    ゆうちょ銀行口座に振り込んでいただいた場合は、お名前(カタカナ)しか印字されません
   ので、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをメールまたはfax でお知らせいただけれ
   ば幸いです。fax0774-21-1798(奧森)・E-mail:rentai@s3.dion.ne.jp


# by yamashiro-hoyou | 2019-05-01 00:00 | カンパの訴え | Comments(0)